様々な職域の薬剤師が集まり、医療と地域への貢献について取り組んでいます。

土橋家の多国籍料理

みなみぐち薬局 土橋弘靖

毎日暑いですね。皆さんは暑い夏をどうやって乗り切っていますか?

私はなるべく旬の食材を食すことで乗り切っています。
中医学ですと五行論で「夏=心=苦味」となりますので、ピーマンやゴーヤを積極的に食べています。

私は9年前、東京から子育てのために小田原に引っ越してきました。
当時は誰一人知り合いがいませんでしたが、引っ越してきてから多くの方々に出会い、小田原の美味しいお店をたくさん紹介してもらいました。

ただ、残念なことにコロナ禍で紹介するお店が見当たらないので、初企画で申し訳ないのですが、今回は土橋家の多国籍料理を紹介したいと思います。

うちの子どもたちは野菜があまり好きではありません。
苦手な野菜でも食べてもらえるように工夫したメニューが、こちらの「デカ餃子」。

子どもたちにはインパクト大で、いつも喜ばれます。
餃子の皮は手作りですので大きく作ることができます。
皮の配合は、薄力粉:強力粉=2:3で混ぜて、熱湯を入れてこねます。
焼きにはテクニックが必要ですが、簡単メニューです。

それから、参加型の料理で大人気なのはタコス。
「今日はタコスだよ!」と言うと、家中で歓声が沸き起こります。

皮は「マサ」というトウモロコシの粉を使っています。
プレス機とトルティーヤのケースは本場メキシコで作られたものをアマゾンで購入しました。
子どもたちは皮のプレスを手伝ってくれます。(正直これがやりたいだけ…)

タコスの具材は、ハルネ地下のカルディで売っているこの2種のスパイスを使い、10分位で出来上がります。
デスソースも必需品です。

野菜、アボガド、肉、チーズは、私が愛してやまないヤオマサで買い揃えます。
残った具材は、翌日の朝ご飯にタコライスにするので、二度楽しめます。

子どもたちには、親が手をかけた料理を食べて、地元の美味しい食材で育ってほしいです。
三男はチキン愛が強すぎて、私の料理をほとんど食べてくれませんが…(泣)。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0465-23-2658 受付時間 9:00 - 17:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 公益社団法人小田原薬剤師会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.